大阪、塗り替え・塗装工事の直接施工会社。大きな工事から小さな工事まで、技術ある施工を納得価格でご提供!

  より長く住まいを守るために

      知っておきたい塗り替え時期!

大阪府知事許可(般)106211号

     塗装・防水・建築一式工事

 有限会社 ヒロセ塗装

TEL    072−885−8695

FAX     072−884−1954

E-mail   hirose@hirose-tosou.com

 

ホーム

会社概要

施工例

よくある質問

社員日記

お問い合わせ

 

 

 

 塗り替え知識

 

  → 外壁塗装

   → 塗り替え時期 

   → 多彩な意匠  

   → 塗り替え価格 

   → サイディング

 

  → 屋根塗装

 

  → 遮熱塗装

 

  → 色を選ぶ

 

 

 施工エリア

 大阪府門真市を中心に

 近畿地方で施工を展開

 しております。

 

   

 塗り替え時期について

 1.年月で塗り替え時期を判断

     塗料メーカーが推進する一般的な外壁の塗り替え周期です。

     同じ系統の塗料でもメーカーにより期待耐用年数は若干異なります。

     私達がオススメする塗料は水性弾性セラミシリコンで期待対応年数は

     12年から15年でライフサイクルコストが大幅に削減できます。

 

 

  アクリル系塗料

    5 〜  7年

 

 

 

 

 

  ウレタン系塗料

    7 〜 10年

 

  シリコン系塗料

   10 〜 15年

 

  フッ素系塗料

   15 〜 20年

 

  光触媒系塗料

   15 〜 20年

 

     値段が高い塗料になるほど、塗り替えサイクルは長くなります。

     環境の影響を受けるため、あくまで目安として弊社は考えています。

       実際、シリコン系の塗料で20年経ってもチョーキングもクラックも無く

     綺麗な状態の建物はあります。

 

 2.建物が示す塗り替えサイン

   1)雨漏り

     内部の天井や壁にシミができるだけでなく、構造体も腐食してしまいます。

     なるべく早くプロにご相談される事をお勧めします。

 

   2)クラック(ひび割れ)の発生

     クラックの発生は構造的な物だけでなく、コンクリートなどの乾燥収縮に

     よるものもあります。だからといって、安心はできません。

     クラックから雨水が浸透すると、内部の鉄筋やラスなどにサビを発生させ、

     コンクリートやモルタルなどの付着力が低下し、剥がれ落ちてしまいます。

 

   3)チョーキング(塗膜が劣化し、粉状になる現象)

     壁や手摺などに触れて手や服に白い粉が付いた事はありませんか?

     塗膜が本来の性能を失った状態にあり、雨水が浸透していると考えられます。

     塗装する前に高圧洗浄を行う事が必要です。     

     

   4)サビの発生

     雨水が浸透し内部の鉄からサビが流れでたものです。

     鉄がサビで膨張する前に処置を行いましょう。

 

   5)塗膜の剥がれ

     この現象には2つの原因が考えられます。

     1つは施工不良。すなわち塗料の密着が悪く剥がれてきたものです。

     もう一つは内部からの湿気によるものです。現在、透湿性のある塗料が出て

     おり、内部からの湿気を逃がす性能があります。しかし、大量の水がにじみ

     出ると膨らんでしまう事があります。すなわち、原因は裏側にあるのです。

     風呂場などの水漏れ点検や上部のベランダや壁を点検すると原因がつかめる

     はずです。塀の場合、塗装面が裏側の土より低いってことはないですか?

 

   余談になりますが、塗装して数年で部分的に黒く汚れてきた事はありませんか?

   これはコーキングに含まれる可塑剤によるものです。

   可塑剤とはコーキングや防水材にゴムのような弾力性を持たせるためのもので

   ホコリを吸い寄せて黒くなるデメリットがあります。

   既存のコーキングを生かして塗装する場合は特別な処理を施す必要があります。

   弊社では可塑剤を含まないコーキングを使用しております。