大阪、塗り替え・塗装工事の直接施工会社。大きな工事から小さな工事まで、技術ある施工を納得価格でご提供!

  戸建住宅、マンション、工場の塗装工事

         遮熱塗料で塗り替えて省エネ生活!

大阪府知事許可(般)106211号

     塗装・防水・建築一式工事

 有限会社 ヒロセ塗装

TEL    072−885−8695

FAX     072−884−1954

E-mail   hirose@hirose-tosou.com

 

ホーム

会社概要

施工例

よくある質問

社員日記

お問い合わせ

 

 

 

 塗り替え知識

 

  → 外壁塗装

   → 塗り替え時期 

   → 多彩な意匠  

   → 塗り替え価格 

   → サイディング

 

  → 屋根塗装

 

  → 遮熱塗装

 

  → 色を選ぶ

 

 施工エリア

 大阪府門真市を中心に

 近畿地方で施工を展開

 しております。

 

 

 リンク集

ホーム

 

 外壁塗装

 外壁塗装

 

 

 

 

 

 

遮熱塗料での塗り替えは実績と信頼のある私達にお任せ下さい。   

 

 

 

  『家の中が暑い』という方に!

   室内温度の上昇を低減する

    今、話題の遮熱塗料をご紹介!

 私達が遮熱塗料を

  お勧めする理由とは?

 

   過去の実績が豊富で信頼が持てる!

   低価格で塗り替えができる!

 

 遮熱・断熱塗装について

 1.遮熱と断熱の違い

      遮熱塗装は太陽の熱を反射し、屋根や壁の表面温度の上昇を低減し、

     夏場の冷房器具の省エネにつながります。

     価格も通常の塗料と大差はなく経済的です。

      断熱塗装は内部の熱も逃がしにくいという役割を兼ね備えています。

     もちろん冬場の暖房器具の省エネにもつながります。

     

 2.遮熱塗装の効果について

  1)遮熱の効果

      遮熱塗料は太陽光線の中で、放射熱エネルギーの強い近赤外線領域

     を反射することで、建物の温度上昇を防ぎます。

      また、室内環境の向上や冷房費の節約に役立つだけでなく、クーラー

     などのエネルギー消費の抑制による排熱を防ぎ、二酸化炭素の排出抑制に

     つながるなど地球温暖化対策に著しい効果を期待できます。

 

      a)サーモグラフィー撮影による屋根表面温度分布(熱画像)    

        上半分はクールタイト(SK化研)を塗布

遮熱塗料と一般屋根塗料の比較

遮熱塗料と一般屋根塗料の温度比較写真

img3.gif

        下半分は一般屋根用塗料を塗布

 

      b)危険物倉庫を利用した屋外遮熱試験

 

表面温度

倉庫内部

一般塗料

クールタイト

一般塗料

クールタイト

測定機設置状況

一般屋根塗料の温度

遮熱塗料(クールタイト)温度

一般屋根塗料 倉庫内部の温度

遮熱塗料 倉庫内部の温度

データ

平均値(6.0時間)

62.5 ℃

50.9 ℃

39.6 ℃

35.0 ℃

平均温度差

11.6 ℃

4.6 ℃

 

  2)劣化を抑制

      温度差を抑制することにより、金属の膨張、収縮が抑えられ、金属の劣化

     防止につながります。

 

3.追記

  外壁に塗布する場合、窓や開口部の多い室内では遮熱塗料の効果が期待できない

  場合があります。塗装していない部分からの熱の影響があるためです。

  屋根の遮熱塗料での塗り替えはその効果にお客様も驚いておられます。

         

 

今回、エスケー化研のクールタイトの実験を載せさせて頂きましたが、

その他、ヤネクール・ネオ(大同塗料)もお勧めです。